Half Zip Work Shirt

角型のカフス。袖はクラシックな2ピース。袖二枚のはぎ合わせと、脇のはぎ合わせでは違う幅の巻き縫いを使っています。

これも、昔は「これしか設備が無い」「薄いものは細い幅の巻きが良い」といった理由からだと思います。正直、針幅が違ってもあまり意味はありませんが、らしさ再現で取り入れています。

ちなみに、弊社モデルは最近巻き縫いの針幅に凝っているので、見た瞬間「あ、1/8インチ」などと言っていました。これは重度なマニアの見方です。

 

2ピースの袖。さらにマニアックな事を言うと、脇は1/4インチ、2ピース巻きは1/8インチで巻いておりそれぞれ縫い代幅が違います。

二枚袖の割では特別シルエットを作ってはおらず、ただ一枚袖を切っているだけです。古いワークシャツがなぜそうしているか?これは、当時の人に聞いてみないとわかりませんが、推測するに、反物の幅が現代よりも狭いものが多かった昔。少しでも生地を使う量を減らそうとすれば、パーツを分解してしまうのが早道です。

かといって、分解しすぎれば縫うのが大変。背中を割ったらさすがにワークシャツらしさが無い。いろいろ考えた上に、「じゃあ、袖を割るか」となったのでは無いかと。

これも言い出せばきりがなく「じゃあ、なぜ前ではなく後ろなんだ?」など、?は残ります。おそらく、昔の「なんとなく」なので、明確な理由は見つからない話です。

 

 

無題ドキュメント

Detail
各部詳細

 
 
           
             
 
         
             
       
             

無題ドキュメント
Lineup-ラインナップ
クリックすると、より大きな画像・サイズバランスなどをご覧いただけます。
Lot721 Lot751 Lot850 Lot854 Overall, Shadow Stripe
         
 
Half Zip Shirt
Blue
Half Zip Shirt
Plaid
Half Zip Shirt
Gray
American Field Vest  

無題ドキュメント

The Looks.


 

 


Workers